【80〜84日目】マインクラフトと資産化(3)

2018年12月7日(金):86日目

 

【マインクラフトの中に思考訓練が組み込まれている】

 

子供が好き勝手にマインクラフトで遊び、

色々なことをすごい速度で吸収するわけですが

 

ポジティブな意味で、

無意識のうちに考え方に影響するだろうと思う部分が あります。

 

自分もマインクラフトをやって改めて考えさせられるのは、

「資産を持つまでには段取りがある」ということです。

 

例えば、

 

マインクラフトで「小麦畑」を作るという作業があります。

 

まず、木を切って「くわ」を作る必要があります。

 

そして「タネ」を取ってくること。

 

その後、土を耕して「タネ」を植えるのですが、

そのまま放置すると「牛や羊」に小麦を食べられてしまいます。

 

「タネを植えたところ」を「木の柵」で囲う必要があります。

 

じゃあ、「小麦」を作って何に使うのかですが、

 

「牛や羊」を育てることができます。

 

そして「お肉(食料)」や「皮」、「羊毛」を手に入れます。

 

それらのものと「木や石」を使って「家」を作り、

 

夜になると現れるモブ(敵、モンスター)から身を守り

生活を営みます。

 

 

物事を行うには順序や段取りがあって、それぞれに因果関係がある。

それらの一連の流れをゲームをしながら覚えていくわけです。

 

そして、ゲームをしながら

 

効率よく蓄える方法を考えたり、

リソースが余れば「大きな建物」を作ったりして遊び始めるわけです。

 

 

ぱっと「資産」と聞くと、

いきなり大きなお金をイメージしてしまいますが、

 

 

つまるところ

 

自分に出来る「作業」を

 

段階を経て変換していき

 

「価値のある形」にできるところまで持っていくことに行きつく。

 

 

 

何を何と交換するかが「その人のゲーム」なわけです。

 

 

 

マインクラフトをやりながら、

 

大人でも子供でも最終的にその「蓄積」が

自分の生活を助けるようになるのだなと思ったわけです。

 

子供のうちに友達とワイワイ言いながら、

そういう思考訓練の機会を持つことがとても価値あること。

 

 

いいゲームに出会ったなと思いました。

 

―――――――――――――――――――――――――――

【今回の内訳】

80日目:12月01日(土)

 ・ステッカーミュージアム(イタリア、スペイン版):各1記事UP

81日目:12月02日(日)

・ステッカーミュージアム(中国、韓国版):各1記事UP

82日目:12月03日(月)

・ステッカーミュージアム(タイ、インドネシア版):各1記事UP

83日目:12月04日(火)

・ステッカーミュージアム(ドイツ、フランス版):各1記事UP

84日目:12月05日(水)

・ステッカーミュージアム(イタリア、スペイン版):各1記事UP

85日目:12月06日(木)

・ステッカーミュージアム(中国版):1記事UP

86日目:12月07日(金)

 このブログ:1記事UP

 

―――――――――――――――――――――――――――

 【これからのこのブログについて】

この話題を書いていて「資産化」というテーマについて

 

フォーカスして書いていきたいなと思うと同時に、

 

自分もいわゆるロスジェネ世代であり、

正規雇用でずっとやってきたので

 

同じような境遇の人たちと知識を共有したいと

長らく思ってきました。

 

このブログは、

自分用にブログを続けるためだけに記録用として始めたものですが、

 

ここに長く思っていたフリーター向けの知識を集積する場所として

使っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

【67〜79日目】マインクラフトと資産化(2)

2018年11月30日(金):日目

 

【マインクラフトはコスパ最高 後編】

 

マインクラフトは「PC」や「任天堂3DS、Switch」、「プレイステーション」、

「アイフォンやアイパッドのアプリ」などで提供されているゲームです。

 

―――――――――――――――――――――――――――

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

Minecraft』(マインクラフト)は、Notch(マルクス・ペルソン)と彼が設立した会社・Mojang ABの社員が開発したサンドボックスゲームである。サバイバル生活を楽しんだり、自由にブロックを配置し建築等を楽しむことができるコンピュータゲームである。日本では一般的に「マイクラ」と略される

2018年初頭の時点で、全てのプラットフォームでの販売が累計1億4400万本を突破した

―――――――――――――――――――――――――――

 

ざっくり言ってしまうと「ゲーム版のレゴ」です。

 

広い世界に降り立って攻撃してくる敵から身を守りながら、

素材を集め自分の家や道具を作りつつクリアを目指す

 

「サバイバルモード」

 

 

自由に素材を使いながら自分の好きな世界を作る

「クリエイティブモード」

 

があり

 

小学生の子供がプレイするとゲームのめり込みながら

基本的なプログラミングの概念を会得できるという

 

正直、

奇跡のゲームと言っていいくらい衝撃的なゲームです。

 

 

これは子供がいないと体感することはなかったなと思いましたが、

近所の子供達ならびに親戚の子供達

 

主に男の子を中心に、

 

すげえ腕前です。

 

 

自由度が高いゲームですが子供達は

「大人が持っている常識的な枠組み」にとらわれないので

 

プラス

 

ゲームに関する情報交換能力が高いため

 

猛烈な勢いで知識を消化・吸収していきます。

 

 

このゲームを子供の時にやっているかやっていないかは、

「ITスキルの部分」でいえば結構アドバンテージがあるように思います。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

【今回の内訳】

 67日目:11月18日(日)

 ・ステッカーミュージアム(スペイン、中国版):各1記事UP

68日目:11月19日(月)

・ステッカーミュージアム(韓国、タイ版):各1記事UP

69日目:11月20日(火)

・ステッカーミュージアム(日本、インドネシア版):各1記事UP

70日目:11月21日(水)

・ステッカーミュージアム(ドイツ、フランス版):各1記事UP

71日目:11月22日(木)

・ステッカーミュージアム(イタリア、スペイン版):各1記事UP

72日目:11月23日(金)

・ステッカーミュージアム(中国、韓国版):各1記事UP

73日目:11月24日(土)

・ステッカーミュージアム(タイ、インドネシア版):各1記事UP

74日目:11月25日(日)

・ステッカーミュージアム(ドイツ、フランス版):各1記事UP

75日目:11月26日(月) 

・ステッカーミュージアム(イタリア、スペイン版):各1記事UP

76日目:11月27日(火)

・ステッカーミュージアム(中国、韓国版):各1記事UP

77日目:11月28日(水)

・ステッカーミュージアム(タイ、インドネシア版):各1記事UP

78日目:11月29日(木)

・ステッカーミュージアム(ドイツ、フランス版):各1記事UP

79日目:11月30日(金)

 このブログ:1記事UP

―――――――――――――――――――――――――――

【プログラミングの授業が始まる】

 

Google で「マインクラフト 授業」と検索をすると、

情報がさくっと出てくるのですが、

 

 

世界中ではこの「マインクラフト」を使った授業が始まっており、

 

日本でも

総務省主導の

若年層に対するプログラミング教育普及推進事業など

 

日本マイクロソフト

小学校や中学校での実証授業を行っています。

 

 

これから授業ベースでは

マインクラフトを使ってというのはかなり自然な流れだと思います。

 

 

Googleにて

「マインクラフト プログラミング」で検索しても、

 

要するに

 

「教材として最強」

というシンプルな答えがあふれていますしね。

 

 

実際に自分もかなりはまりまして、

 

これはプレイした人じゃないとピンと来ないと思いますが、、

 

先日

 

法事でお墓まいりに行った時に、

当然霊園なので「様々な色の墓石」があるわけです。

 

あー色んな石あるなーと眺めていたら、

 

奥さんから

 

「マインクラフトの事考えてるでしょ。」

「えっ心が読めるのかい?」

 

というようなことがありまして。

 

まさか、お墓で石を見てドキドキするとは。

 

 

世界がどのような構成要素で出来ているかを、

改めて再確認させてくれる

 

子供達もプレイし自分の世界を作りながら

素材とマテリアルと加工のつながりを考える

 

 

まじすごい。

 

 

ではでは。

また次回。

もう少しマインクラフトの話でいきます。

【63〜66日目】マインクラフトと資産化

2018年11月17日(土):66日目

 

【お金2.0を書いた人は本当にすごい】

2017年11月に幻冬社から出版された佐藤航陽さんという方が書いた本で、

一時期本屋さんにもかなり並んでいたので読んだ方も多いと思いますが。

 

ブックオフに行ったらあったのでようやく買って

電車の中で毎日楽しみに読んでいるのですが、

この人めちゃ頭いい。

 

感想がとても頭悪い感じなのですが、

まじでめちゃ頭いい。

 

 資本主義の揺らぎが本当にわかりやすく書かれていて、すごい。

 

政治とかも、

 

こういうバリバリの経営者が立候補して

どうこう出来ないのは分かるから「すごい経営者の影武者党」を作ってくれたら

票を入れるのになあと思うんですよね。

 

もう堂々と「佐藤航陽から完全に教えを受けて、佐藤の代理として政治の場に立たせて頂きたいと思っております鈴木です。」みたいな。

 

最終的に経営も国政も「国民の暮らしを支える」とか「国の枠組みを超えて貢献する」みたいなところを目的とする表現手段であるならば、

 

今勢いのある人に「色々な場所」でガンガン活躍してもらったらいい。

 

時代として停滞している時や、ブレイクスルーが必要な時は、

素直に「流れに乗っている人」を神輿で担いで、みんなで応援して勢いよく進むしかないんだろうなと思う今日この頃です。

 

―――――――――――――――――――――――――――

【今回の内訳】

 

63日目:11月14日(水)

 

・ステッカーミュージアム(英語版):1記事UP

「011:フレーズステッカー(1/3):使い方のまとめ記事」をアップ。

 

・ステッカーミュージアムインドネシア版):1記事UP

「006:スタートアップ(4/5)」をアップ。

 

64日目:11月15日(木)

 

・ステッカーミュージアム(日本版):1記事UP

「スタートアップ(4/5)」を追記・再編集してアップ。

 

・ステッカーミュージアム(ドイツ版):1記事UP

「006:スタートアップ(4/5)」をアップ。

 

65日目:11月16日(金)

 

・ステッカーミュージアム(フランス版):1記事UP

「006:スタートアップ(4/5)」をアップ。

 

・ステッカーミュージアム(イタリア版):1記事UP

「006:スタートアップ(4/5)」をアップ。

 

66日目:11月17日(土)

 

・ステッカーミュージアム(英語版):1記事UP

「012:フレーズステッカー(2/3):サイズ比較のまとめ記事」をアップ。

 

 ブログマラソン:1記事UP

この記事

 

―――――――――――――――――――――――――――

【マインクラフトはコスパ最高 前編】

 話しが突然ブログをコツコツ書くぞみたいな内容と全く変わってしまうのですが。

 

先日、家内がアイパッドで「マインクラフト」というゲームを買い、

小学生の息子と一緒にそれぞれでセーブデータを作って遊んでいたんですね。

 

なんなのーって聞いたら、なんか自分で世界を作ってサバイバルするんだ、

みたいなことを言っていて「ふーん」と思いながら、

 

めちゃカクカクしたディーテールだな。。。

ただ本屋に関連本がめちゃくちゃ置いてある、あのゲームか。。。

絵がゴツくて見にくい。。。

ただ、すごい有名なゲームだよな。。。

 

と、思いつつ、

 

じゃあちょっとパパもやりたいかもと言って、

息子にアイパッドを借りてやったら、

 

もう最高。

基本ルールを押さえて、やったらすごいサバイバル感。

 

 

あ、これはもうたまらない。

この自分で世界を作ってる感がもう中毒性もすごそう。

 

 

実は、ゲームはすごくハマっちゃう方なので

やたらめったらはプレイしないようにしているものの

「マインクラフト」は本当に知的。

 

完全にゲーム版の「レゴ」的な存在。

 

で、

 

かつ「楽しませながら学ばせる要素」がすごい。

考えた人本当にすごい。

 

次回もう少し感想を書こうと思いますが、

子どもにやってもらいたいゲームの中でも「ダントツの1位」確実です。

 

すごく勉強になる。

そりゃあマイクロソフトが買収するわさ。

 

ではでは。

また次回。

【46〜62日目】何のためにこのブログを書くのか

2018年11月13日(水):62日目

 

【目的は?と考えたところ】

 

自己満足。

がともあれ一番には違いない。

 

ブログを続けるためにとりあえず始めたものだから、

自分の満足のために書くのが第一です。

 

ただ、

自分は30代半ばだけどフリーターを長く続けて来たので、

現場仕事で「諦めてしまっている先輩達」の姿も見てきているわけで。

 

今は結構楽しく暮らしてはいるものの、

 

何とかして少しでも生活の質も自分の充実感も「良くなりたい」と言う

気持ちが分かるし、何らか背中を押せたら良いなとも思っているわけです。

 

ただ、救いたいとか助けたいとかは思わない。

おこがましいと思うから、

自分が良くなろうと思うから自分で良くなっていくというだけだと思っているから、

自分が助けようとかは考えていないんです。

 

その上で、じゃあ具体的に私達は何をして向上するかと考えた末に、

「日々の中で小さな事を積み上げる」がフリーターが向上するための

アンサーなんです。自分の中で。

 

一気に良くなるとか、一発逆転みたいなのは「やっぱり無い」。

特に今の目の前の生活でギリギリのところでは、すごい賭けとかに向かわないで。

 

精緻な「積み上げ」が効果的。

 

ただ、将来自分が「積み上げ」が良いよって言った時に、

具体的な記録があったら、その方が伝える人に響くと思うんですね。

 

形としてあった方が、目に見える。

 

それでちょっと「積み上げを考えてみよう」となれば、

その方が背中を押してるってことだと思う。

 

 

以下のブログ更新はマジで基本的には休日に準備だけしておいて、

仕事からの帰宅後に1日1記事をコピペで貼るだけなので

作業時間はリアルに5分以内なんです。

寝る前にやるだけ。

 

「積み上げるもの」は人それぞれでいい。

読書。新しい話題作り。モテる方法。新たな料理の献立。運動。

字の練習。手品。家計簿。掃除の方法。笑顔の練習。瞑想。

整理整頓。連絡を取る。動画をアップする。仏像を彫る。貝を拾う。

ツボを押す。何でも良いわけです。

 

記録に残したらそれは自信になります。

意味はあります。何をしても。

 

―――――――――――――――――――――――――――

【今回の内訳】

  46 日目:10月28日(日)

・ステッカーミュージアムスペイン語版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

   47日目:10月29日(月)

・ステッカーミュージアム(中国語版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

 48 日目:10月30日(火)

・ステッカーミュージアム韓国語版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

 49日目:10月31日(水)

・ステッカーミュージアム(日本版):3記事UP

→作品紹介のページ 他

 

50日目:11月01日(木)

・ステッカーミュージアム(タイ版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

51日目:11月02日(金)

・ステッカーミュージアムインドネシア語版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

52日目:11月03日(土)

・ステッカーミュージアム(ドイツ語版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

53日目:11月04日(日)

・ステッカーミュージアム(フランス語版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

54日目:11月05日(月)

・ステッカーミュージアム(イタリア語版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

55日目:11月06日(火)

・ステッカーミュージアム(日本版):1記事UP

「スタートアップ(1/5)」を追記・再編集してアップ。

 

56 日目:11月07日(水)

・ステッカーミュージアムスペイン語版):1記事UP

「005:スタートアップ(3/5)」を翻訳してアップ。

 

57日目:11月08日(木)

・ステッカーミュージアム(中国語版):1記事UP

「006:スタートアップ(4/5)」を翻訳してアップ。

 

58 日目:11月09日(金)

・ステッカーミュージアム韓国語版):1記事UP

「006:スタートアップ(4/5)」を翻訳してアップ。

 

59日目:11月10日(土)

・ステッカーミュージアム(日本版):1記事UP

「スタートアップ(2/5)」を追記・再編集してアップ。

 

60日目:11月11日(日)

・ステッカーミュージアム(タイ版):1記事UP

「006:スタートアップ(4/5)」を翻訳してアップ。

 

61日目:11月12日(月)

・ステッカーミュージアム(日本版):1記事UP

「スタートアップ(3/5)」を追記・再編集してアップ。

 

62日目:11月13日(火)

 ブログマラソン:1記事UP

この記事

 

―――――――――――――――――――――――――――

【この記事を長期間ためると】

 内訳を書くのが大変。

 

ではでは。

 

 

【36〜45日目】目的と目標を見直す

2018年10月27日(水):45日目

 

【本当にこのまま続けていて意味があるのだろうかと感じた時に】

 

 ブログやWEBコンテンツを作っていてもなかなか成果が目に見えません。

 

 

 

「もう辞めようか。」

「諦めて別の方法を探した方が楽なんじゃないか。」

「意味のないことをやっているんじゃないだろうか。」

 

最初の段階で必ず思うところだと思いますし。

実際、自分はそう思っています。

 

困ったし苦しい。

 

じゃあ、そんな時にどうしようかなと考えて、

実行したことを書き留めておきます。

 

―――――――――――――――――――――――――――

【今回の内訳】

 

36日目:10月18日(木)

・ステッカーミュージアム(イタリア語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

  37日目:10月19日(金)

・ステッカーミュージアムスペイン語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

  38日目:10月20日(土)

・ステッカーミュージアム(中国語版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

  39日目:10月21日(日)

・ステッカーミュージアム韓国語版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

  40日目:10月22日(月)

・ステッカーミュージアム(タイ版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

  41日目:10月23日(火)

・ステッカーミュージアムインドネシア語版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

42日目:10月24日(水)

・ステッカーミュージアム(ドイツ語版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

43日目:10月25日(木)

・ステッカーミュージアム(フランス語版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

44日目:10月26日(金)

・ステッカーミュージアム(イタリア語版):1記事UP

「004:スタートアップ(2/5)」を翻訳してアップ。

 

45日目:10月27日(土)

 ブログマラソン:1記事UP

この記事

 

―――――――――――――――――――――――――――

【目的と目標の見直し】

 

人間はすぐに忘れます。

 

だから、

「モチベーションが続く人」はこの世にはいないんじゃないかと思うのです。

 

長く継続できる人は、意識的か無意識かはそれぞれだと思いますが、

 

「自分の目的や目標」を見返すことを絶えず行えている

ということだと思います。

 

最初に何かをやろうと思ったからには

それなりの動機があるのです。大なり小なり。

 

ただ、しばらくすると忘れてしまう。

なんでやろうと思ったのか、なんでやっているのか。

不思議ですね。

 

 

ただ、今やっていることは「何なのか」を

やりながら忘れているんですね。

 

人間は等しく健忘症のような状態で、

自分だけでなく、みんなそうなんだと思うようにしています。

 

そうすると必要以上に自分を責めなくなります。

 

その上で、

続けるのが苦しくなってきたら、

 

一度紙に書き留めた「自分がこれを始めた動機」を、

読み返すことにしています。

 

そして、改めて自分の「今この作業を行なっている動機」

 

目的:何のために + 誰のために = 最終的に叶えたい状態

目標:目的のために定量化できる作業の計画

 

を見返すことを行います。

 

今の所、ブログなどは特に自分の中でやって意味があるのか、

「意味があると思える実感」が本当に湧いてきません。

 

ただ、どんな仕事でも「2、3ヶ月」でしっかりと「分かる」状態には

まずならないことを肝に命じて。

 

時々、気をとりなおして、

やっていきたいと思います。

 

3年もやって「成果がゼロ」ならそれは

才能がないと諦めもつくと思うので気長にやっていこうと思います。

 

 

あともう一つ、

今日たまたまテレビを見ていて

 

個人商店の3代目のドキュメンタリーだったのですが、

 

亡くなった先代から「看板を傷つけちゃいけない」と言われたことを

回想しているシーンがありました。

 

こんな誰が見ていないブログひとつでも、

ここはもう「店」と言えば「店」と捉えることもできます。

 

私は名前が鈴木ですので、「鈴木屋」と言えば

そうとも言えるわけです。

 

もしかしたら、

ここが多くの人を手助けできる場所にもなるかもしれません。

 

自分が作り出すものに、積極的に愛着をもてるような考え方をすること。

遅くても決まった場所にエネルギーをそそぎ続けること。

 

とにかく焦らずに

しっかりと自分と向き合いながら。

 

凡人なりに今できることを行う、ということです。

ではでは。

 

 

 

 

 

 

【29〜35日目】自分の「性質」とうまく付き合う 後編

2018年10月17日(水):35日目

 

【2極化時代を生きる】

 

最近本当にブログが「面倒で仕方ない気持ち」になってきました。

一ヶ月の壁を超えて、最初の1番辛いところです。

 

今回はそのモヤモヤ状況でも「継続」すると言うことについて、

前回の続きで

 

1:「自分の性質に合った」活動 = 持続できる活動の選び方 

2:「自分の性質にあった」やり方 = 自分にあった習慣にする方法を編み出す

3:「自分の能力内」でこなす = 今の実力でこなせる仕組みを作る 

 

について考えたことを書いていきます。

 

 

結論としては、

「没頭度」に意識を向けることで全体の組み立ての指針になる。

 

という内容の話しです。

 

―――――――――――――――――――――――――――

【今回の内訳】

  29日目:10月11日(木)

・ステッカーミュージアム(中国語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

  30日目:10月12日(金)

・ステッカーミュージアム(韓国語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

  31日目:10月13日(土)

・ステッカーミュージアムタイ語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

  32日目:10月14日(日)

・ステッカーミュージアムインドネシア語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

  29日目:10月15日(月)

・ステッカーミュージアム(ドイツ語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

29日目:10月16日(火)

・ステッカーミュージアム(フランス語版):1記事UP

「003:スタートアップ(1/5)」を翻訳してアップ。

 

29日目:10月17日(水)

 ブログマラソン:1記事UP

この記事

 

―――――――――――――――――――――――――――

【自分の「性質」とうまく付き合う 後編】

 

書き始めると意外とサクッと終わるブログですが、

パッションが燃えずなかなか書くぞ!となりません。

 

ただ、今回の一番伝えたいポイントとしては、

 

「それはそれで自分の性質」と考え、その状況下でも

【ブログを継続する】という動作が続くにはどうしたら良いか?ということです。

 

 

いわゆる自己啓発で「ワクワク系」と言われている

『自分の好きなことを行えば良い結果が生まれる』という考え方があります。

 

総論としては賛成で、好きこそものの上手なれですね。

「好き=続く」だから上達すると思います。

 

 

ただ意外とこの「好き」は見つけられる人が多ければ、

もっと日本は明るい状況になっているようにも思います。

 

自分が「好きなもの」は発見がしにくいのです。

 

 

ブログを書いていて感じたのは、

自分の好きなことを客観的に判断するコツについてでした。

 

いままで、

自分は文章を書くのは意外と「好き」だと思っていました。

 

本が大好きだし、書いたら結構続くだろうとも思っていました。

 

しかし、実際は億劫で仕方ないわけです。

 

意識レベルでは自分は好きだと思っているが、

行動レベルでは面倒だと思っているわけです。

 

継続して習慣化できた先に、「成果」を体感して

 

・気づいたら文章を書いている

・隙間時間でも文章を書きたいと思える

 

ようになる可能性はあると思います。

ただ、現時点では結論として「好きで行動もしてしまう」に至ってないわけです。

 

その上で、

今メインでやっている「アイフォンのステッカー作成」は

その意味ではより「好きな活動」に近いのだとブログを書いていて気づきました。

 

意識的にはそんなに好きかよくわからなかったのですが、

行動レベルで見てみると「好き」と客観的に判断ができるのです。

 

少しの時間でも進めようと思え、手をつければ、

10分程度でもそれなりに進んだなと感じられます。

 

・抵抗感なく作業に入れる

・少しの時間でもやると楽しい

 

自分の「好きな活動」を判断するための最大の基準値は、

 

1:没頭度の深さ

2:没頭度の高い状態への入りやすさ

 

これが判断基準になるなと思ったわけです。

 

その上で、

現時点で没頭度に入りにくい「ブログ」ですが、

 

メインの活動をサポートする活動として必要なため継続して行っていきたい。

 

そこで1000日ブログが続く方法として

「システム化して1日の作業時間を10分以内にする。」

という結論になりました。

 

1:「自分の性質に合った」活動 = 持続できる活動の選び方

2:「自分の性質にあった」やり方 = 自分にあった習慣にする方法を編み出す

3:「自分の能力内」でこなす = 今の実力でこなせる仕組みを作る 

 

上の1、2、3を言い換え直すと

 

1:自分の「没頭できる活動を主軸」にすえて、

どんな活動が全体像と照らし合わせて必要かを組み立てる。

 

全体的に「好きなこと」を最終的にどのようにお金に変えるのかを

イメージを作り行動する。

 

2:どのように習慣作りを行いコンスタントに継続できるかを考え実行する。

(具体的には作業ノートを作って記録したりしています。)

 

その際には、「好きなこと」はメインにすえれば意外と

お金にならなくても楽しみとして継続できるので

 

その他の周辺の活動をどのように習慣に落とし込むのかを工夫する。

 

3:見栄を張らずに、現在の自分にできることを

「今はこのくらいの実力」と割り切って無理をしない。

 

とにかく「かっこわるくとも続く仕組み」をまず作り、

少しづつ実績を重ねて成果を焦らない。

 

長くなりましたが、そんなことを考えつつ

1日1日がんばっていこうと思います。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

【20〜28日目】自分の「性質」とうまく付き合う 前編

2018年10月10日(水):28日目

 

【ブログ継続:28日目】

 

 

だんだんと秋らしくなってきました。

日中の日差しはまだ強いものの暑さが和らぎ散歩しやすい季節になってきました。

 

今日は近所の公園を散歩しましたが、

ちょっと変わった光景を目にしました。

 

 

いつもよりも落葉が早いのです。

 

毎年キレイに黄色に色づく「イチョウの大木」があるのですが、

葉が黄色くなる前に落ちています。

 

どうやら、先日の台風によって塩害が起きているようです。

 

 

今後作物に影響が出るようであれば、

野菜が高騰して私たち一般庶民にも影響があるのかなあと

思いながらの日光浴でした。

 

―――――――――――――――――――――――――――

【今回の内訳】

 

 20日目:10月02日(火)

・ステッカーミュージアム(中国語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

21日目:10月03日(水)

 ステッカーミュージアム(韓国語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

22日目:10月04日(木)

 ステッカーミュージアムタイ語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

23日目:10月05日(金)

 ステッカーミュージアムインドネシア語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

24日目:10月06日(土)

 ステッカーミュージアム(ドイツ語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

25日目:10月07日(日)

 ステッカーミュージアム(フランス語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

26日目:10月08日(月)

 ステッカーミュージアム(イタリア語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

27日目:10月09日(火)

 ステッカーミュージアムスペイン語版):2記事UP

「001:自己紹介」「002:サイト紹介」を翻訳してアップ。

 

 

28日目:10月10日(水)

 ブログマラソン:1記事UP

この記事 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

【自分の「性質」とうまく付き合う 前編】

 

 

ブログを続けて28日目。

 

なんとなく分かってきたことがあります。

 

 

見ての通りではありますが、

 

事実、すっかり「一回作ったブログの多言語への焼き直し」を

行うことによって日々のブログ更新のノルマを消化している現状があります。

 

 

自分自身のメインの活動である「アイフォンのステッカー作成」では、

 

実際のところヨーロッパで一番売れている状態なので、

(と言っても売上は微々たるものですが)

 

多言語でのブログ作成は必須。

 

それを踏まえた上で、

 

上記のような「ブログの焼き直し」で

目標としている「1000日ブログ更新」を行なっているんかいな

 

「ブログ更新」という観点からは邪道なんじゃないかいな

 

 

ということに対しては

 

”そこはかとなく”後ろめたさはあるものの、

自分的にはOKだと思っています。

 

本当は毎日「記事」を新たに生み出せて初めてブロガーと

言えるのだと思いますが、

 

「あ、自分には無理だな。」と言うことがわかりました。

少なくとも今の自分には無理と実感できました。

 

 

その上で、

今回ブログを継続していて気づいた「3つの重要なポイント」としては、

 

 

1:「自分の性質に合った」活動 = 持続できる活動の選び方 

 

2:「自分の性質にあった」やり方 = 自分にあった習慣にする方法を編み出す

 

3:「自分の能力内」でこなす = 今の実力でこなせる仕組みを作る 

 

 

この3点が

 

新たな物事をスタートする際には、

すごく大事だと感じました。

 

このブログはどうしたらブログが続くのかを考えるために

思いつきで書き始めたものの、思いの外ルーティンとして定着しました。

 

次回は、上記の「3つの重要なポイント」について

書いていこうと思います。